鼠径ヘルニアの再発について

鼠径ヘルニアの再発について

従来の方法では再発率がやや高めでしたが、人工補強剤を使うようになった近年では、再発率は1%以下と言われています。

再発性鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアの再発脱腸(そけいヘルニア)の手術を受けた部分や、その周囲が再び膨れてきます。手術直後から2年までの再発の場合、その原因はヘルニアの部分を補強する部分がずれたり、 補強しきれなくなることです。手術を受けてから数年以上経過してからの再発の場合は、加齢などによりおなかの壁が弱くなるために起こったと考えられます。

再発鼠径ヘルニアの治療

再発の場合も、鼠径ヘルニアは手術しか治療法がありません。そして再発した際の手術は難易度が高く、高度な技術を持った専門医がもう高度な技術を必要としますし、時間もかなりかかります。
以前と同じ部分を切開する場合には、神経や血管を傷つける可能性が高くなるため、違う部分を切開する必要が生じるケースも多くなっています。

生活習慣の改善を

生活習慣の改善をヘルニアになりやすい生活習慣を改善することで、再発を防ぐことも可能です。
鼠径ヘルニアの原因は、足の付け根にある筋肉や人膜が弱くなること、そしておなかに力がかかって腹圧が高くなることです。ですから、日常生活で重いものを持つことや、立ちっぱなしと言った腹圧のかかる状況をできるだけ減らすことが重要です。
肥満や喫煙、便秘症、前立腺肥大や咳などもヘルニアを起こしやすくするリスクです。生活習慣を改善し、適切な治療を受けることで、再発の原因を取り除くことができます。
なお、鼠径ヘルニアは筋肉や筋膜が弱くなって発症することから、筋力を強化するトレーニングを熱心に行う方もありますが、過度の筋肉トレーリングには再発防止の効果がありません。

口コミを見る口コミを見る 口コミを書く口コミを書く オフィシャルサイトオフィシャルサイト